スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

新生野中学校での食育授業をレポート!~「いわしのつみれ汁」と「出し巻き卵」に挑戦!~

新生野中学校での食生活改善推進員協議会(※)さんによる食育授業におじゃましてきました。
たくさんの推進員さんが生徒の調理補助のために集まってくれましたよ。



生徒たちは前に集まり、推進員さんたちの話を聞きます。まずは、推進員の西野さんが「食は元気の素(もと)!」と元気よく、生徒に食べることの大切さを伝えます。明るい笑顔の西野さんに、生徒たちも集中して話を聞いています。




今日の実習のメニューは、「いわしのつみれ汁」と「だし巻き卵」。
若い世代では、「魚離れ」が進んでいることから、推進員さんの「魚に親しんでもらいたい!」との思いから、いわしを使うことを決めたそう。


実習に入る前に「さばの三枚おろし」の実演!ここにも推進員さんたちの「魚の扱い方を知ってもらいたい」そんな思いが込められています。
推進員の木下さんが、ザク、ザク、と迷いなくさばに包丁を入れていきます。

慣れた手つきで、さばの内臓を取り出すと、「きゃーっ」と生徒から声が上がります。木下さんが「きゃー言わんといて~」と笑いながらさばを洗います。
生徒たちは、さばを扱う木下さんの手元に興味津々。





一尾のさばが、あっという間に三枚に。
「スーパーで見かけるやつ!」と男子生徒の大きな声に、どっと笑いが起きます。




次にいわしの手開きの実演。エラの下に指を入れて頭をポキッとおり、手の指でいわしのお腹を割き、手際よく、はらわたを取り出す木下さん。
あっという間に「いわしの開き」のできあがりです。





「はい、次はだしの取り方をお見せしまーす」と西野さん。

「昆布とかつお節でとりますよ。昆布は今朝から水につけてるんですよ。」と、昆布の入った鍋に火にかけます。「ふつふつとしてきたら昆布を取り出しまーす。昆布は沸騰させると出しに雑味が出ておいしくなくなるから、グツグツ煮ないでね~。」と知識を織り込みながら水分をたっぷり含んだ昆布取り出します。

「はい、ここに、かつお節を入れますよ。」と言うと同時に、ひとつかみのカツオ節が一気に鍋に放り込まれます。「そして、すぐに火を消します。」とカチッとつまみを回すと、カツオ節が鍋の底へと沈んでいきます。沈み切ったところで、キッチンペーパーでこし、別の鍋へと移します。




きれいに澄み切った黄金色のだしが出来上がりました。「いいにおいでしょ~」の言葉とともに、だしのおいしそうな香りが漂ってきます。「家でも…

最新の投稿

IKUNO×グローバル 1月号 料理編:アメリカ的「ステーキ」の焼き方レシピ

生野区の広報紙「広報いくの」1月号を発行しました! いくみんの見どころご紹介

いくのdeリノベ1月号:“枠”のない場所

IKUNO×グローバル 1月号 アメリカ

IKUNO×グローバル 12月号 料理編:スリランカ料理「イカカレー」レシピ

「認知症の方への理解とやさしいまちづくり」に向けた取り組み紹介!~東中川まち協さんにインタビュー~

生野区の広報紙「広報いくの」12月号を発行しました! いくみんの見どころご紹介

【区長コラム】信頼される生野区役所をめざして

IKUNO×グローバル 12月号 スリランカ