スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

IKUNO×グローバル1月号 中国

林 嬌(リン キョウ)さん

中国福建省出身。2009年に結婚後、一足先に日本で働いていた夫の元へ。3年前より生野区に移り住み、中国やベトナムの食材店を営む。夫と小学生のお子さんたちとの4人暮らし。

「こどもは日本語の上達が早い!」
長男は4歳半で、次男は2歳半で来日。それまでは、中国に住んでる両親が育ててくれました。故郷では普通のことなんだけど、日本ではびっくりされますね。
こどもたちは日本語を覚えるのがほんとに早かった!来てすぐの長男が、幼稚園でお友達と日本語でおもちゃの取り合いをしてたんです。こどもも必死だったんでしょうね。今では、2人ともすっかり日本の生活になじんで、近所のお友達とも行き来して仲良くしています。

私はまだまだ日本語の勉強中です。こども達のように幼稚園や学校で毎日話すと覚えるのも早いですよね。
こどもの学校のお便りは漢字を見たら、だいたいの意味はわかるんですが、わからない時は、こどもや周りのお母さんに教えてもらっています。

最新の投稿

いくのdeリノベ1月号 DIYで広がる楽しい毎日・自分らしい暮らし。

「居場所」と「持ち場」のあるまちへ(「広報いくの」2020年1月号・特集記事より」)

いくのdeリノベ12月号 美味しい本格フレンチを商店街で

IKUNO×グローバル12月号 フランス

【生野まつり】で「多文化カフェ」を開催しました。話して、お茶して、つながろう。

いくのdeリノベ11月号 「生野のまちが好き」そんな人がふらっと集まり、何かがはじまる場所

IKUNO×グローバル11月号 インド

今年も天気に恵まれ「第46回 生野まつり」が開催されました!

「やさしい日本語」ロゴのデータを使って、作ってみました。

IKUNO×グローバル10月号 ベトナム