スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

いくのdeリノベ9月号 つながり、広がる場所

北巽駅から徒歩5分ほどの住宅街の中、静かにたたずむカフェがある。ここは、店主の長谷川さんが、マンションの1階部分を借り、3年前にオープンさせた店。店名の黒文字のロゴと、白壁に映えるグリーンや雑貨が訪れる人を迎える。

 もともとは、喫茶店だったこの店舗。傷みのあった床を全面的に張り直し、ハイカウンターを設けた。店内の壁は白を基調としつつも、広いキッチン周りには深いグリーン、グレー、ブルーが配色されている。落ち着いた色合いにもかかわらず、店内が明るい印象なのは、日当たりのよい立地であることが計算されているから。店の奥にはソファ席があり、素敵な大人の雑貨に囲まれて、ゆったりとした時間を過ごすことができる。




 長谷川さんは、結婚を機に遠方からこの地に越してきた。親しい知り合いがいない中、3人の子を産み子育てに追われる日々。そんな中、近くで赤ちゃんを抱っこしてでも、気楽にいけるオシャレなカフェがあったら、と感じていた。もともとカフェ経営に興味のあった長谷川さんは、この物件と巡り合ったとき、その思いを乗せた。  店内には、手作りとは思えないほどハイセンスなアクセサリーや、赤ちゃんグッズが並ぶ。これらは、近所に住むママたちの作品で販売もされている。「自分でお店を構えるのはハードルが高いけど、ここで少しでも可能性が広がるんだったら」と長谷川さん。



3周年を機に仲間とともにDIYリフォームし、さらに素敵に生まれ変わった店内。ワークショップやイベントも積極的にここで行われている。この店を通じて人のつながりが少しずつ広がっていく。そう願っていた長谷川さんだからこそ、人を温かく柔らかに迎える雰囲気がここにはある。









最新の投稿

IKUNO×グローバル9月号 中国

いくのdeリノベ8月号 : 懐かしさと温もりのある食堂

IKUNO×グローバル8月号 ガーナ

さあ銭湯に行こう!

いくのdeリノベ7月号 : ブレンドされた味わいを楽しむ長屋

IKUNO×グローバル7月号 韓国

今年も生野のラグビーは盛り上がります!リゲッタ生野区ラグビーフェスティバル2019開催!

いくのdeリノベ6月号:第二の人生は“かわいい”長屋とともに。

IKUNO×グローバル6月号 インドネシア

いくのdeリノベ5月号:笑顔が集う“5坪”の隠れ家