スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

小路小学校「学びを止めない未来の教室」へのチャレンジ

生野区役所地域まちづくり課が区内の「特色ある学校の取り組み」をご紹介します。

 今回ご紹介する取り組みは、新型コロナウイルス感染症を予防するために始まった、令和2年2月29日の休校措置から6月15日の学校再開まで行われた、小路小学校の先生たちの挑戦についてです。
きっかけは卒業式 手探りではじめたオンライン授業 休校措置が始まったのは、3学期もいよいよ終盤というタイミングでのことでした。当時、先生たちには長期の休校に対応するためのノウハウはなく、卒業式をどのようにするのか、未履修となってしまった科目をどうやって進めるのか等、日々悩んでいたそうです。
 状況が変わったのは、大阪市教育委員会から『臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト(通称「子供の学び応援サイト」)の開設について」の周知が届いてからでした。
 「子供の学び応援サイト」は文部科学省が立ち上げたサイトで、臨時休業期間における学習に役立つコンテンツが掲載されていました。そして小路小学校の校長先生は、数あるコンテンツの中から、経済産業省がタブレット型パソコンと通信用のルーターを50台まで貸してくれる事業者を紹介してくれるサービスを見つけたのです。

「これ、どうかな?」
 校長先生の一声から、サービスの利用申込が決まりました。先生たちは当初、当時の5年生をオンラインで卒業式に出席させる事を考えていたそうです。
 その後、サービスを利用できることが決まり、学校にタブレット型パソコンと通信用のルーターが届いた次の登校日には、5年生にパソコンを貸し出しました。
 そして、オンラインで出席するという新しい形での卒業式は無事に終わり、先生たちは新たな可能性を感じました。
 学校がライブ配信をし、児童がオンラインでライブ配信に参加することができるのであれば、オンラインで授業を行うことも可能ではないのかと。
 何も知らない状態からでも、少しずつできることが見えてきて、ついにはオンラインでの授業をスタートすることになりました。
オンライン授業でもこどもたちとつながれた オンライン授業初日に先生がまず行ったのは、こどもたちに基本的な使い方やオンライン授業中の発言の仕方などの説明でした。
 こどもたちも慣れていないオンライン授業なので、最初は勝手にマイクミュートを外して喋るこどももいたり、チャットで必要のない発言をするこどももいましたが、授…

最新の投稿

IKUNO×グローバル6月号 ベトナム

いくのdeリノベ6月号 オリジナルデザインへのこだわり、チャレンジ精神、そして生野のまちへの熱い思い

【4月20日WEB対談】『生野区こども地域包括ケアシステムのめざすもの』サイボウズ株式会社 青野慶久社長/生野区長 山口照美

特別定額給付金(とくべつていがくきゅうふきん) 申請書(しんせいしょ)の 書(か)き方(かた)

IKUNO×グローバル5月号 フィリピン

いくのdeリノベ5月号 素材とおいしさにこだわって30年。ぱん食店 こさり

うちで過ごそう!「いくみん子育て通信」WEB版

区長コラム「自分と大事な人の命を守ろう!」

いくのdeリノベ4月号 身近なまちの保健室

IKUNO×グローバル4月号 ドイツ