生野区の広報紙「広報いくの」1月号を発行しました! いくみんの見どころご紹介


こんにちは。いくみんです!
明けましておめでとうございます。

 
今月の「広報いくの」が11日に発行されたので、見どころを紹介しま~す。








「平成」最後の「広報いくの」新年号です。

今年は大阪でG20が開催され、来年は東京オリンピック、2025年には大阪万博と、これから国際メインイベントが目白押しですね。

いくみんもいつか世界デビューできるかなあ。と独り言。。

とにかく、みなさま、本年もよろしくお願いします!





特集 「いくのぐらし」
 
今月のテーマは「いくののまち」。
生野区って、あらためてどんなまちなんだろって、漠然としていたイメージが、どこかクリアにしてくれるような記事です。
「知ればもっと 生野に恋をする」
確かに、この記事を読んでみて、もっともっと生野のまちが素敵に見える、何かを発見できたような気分にさせてくれます。
まちには当然ながら人がいて、生活をし、活動をしている。だから、その人たちが元気であれば、まちが元気になる。
生野のまちに来れば、住めば、こんなことがあるよ!っていうこと、この特集では、そのほんの一部を紹介しています。
とても懐の深い、生野のまちを、ぜひ体験してください!


官民連携ウェブサイト「いくのぐらし.COM
「いくのぐらし.com」は、平成303月に生野区産業会青年部会の協力を得て、官民連携の「生野区シティプロモーションオープン会議」を開催したのをきっかけに誕生したサイトです。生野区を盛りあげたいサポーターを集め、生野区のまちの魅力を区の内外に広く知ってもらうためのイベントや商品企画などを発信していきます。

◆連載記事

◇「いくのdeリノベ」 ~のない場所




今回は、桃谷にある静かな民家の中にあるカフェ「nyi-ma」です。

店主である杉田さんが友人と2人でスタートさせたこの場所は、当初から定義もカテゴリーも設定していない。ただ、なんとなく“そこには漫画があって、人が集まれる場所“ということだけは漠然とイメージしていたそう。


この場所には、いろんな人が入れ代わり立ち代わり来て、“自分が好きなこと”を持ち寄る。それを、その日ここに来た人と共に楽しむ。そんな会が毎週のように繰り広げられていて、まさにただのカフェでない、「枠」のない場所です。


◇ 「ピックアップ 生野ものづくり百景」 ~ 有限会社 文楽せんべい本舗






大阪発祥の人形浄瑠璃「文楽」。全国の文楽公演でも販売される「文楽せんべい」は、物語に登場するさまざまな文楽人形の“かしら”の焼印入り玉子せんべい。
世代を問わず愛されているのは、昔と変わらぬ素朴な味を守り続けているから。「大阪産(もん)名品」にも選ばれている。

◇「I K U N O×グローバル」 Yoo SANG JUN(劉 相俊/ユ サンジュン)さん
今月号は、アメリカ出身のユ サンジュンさん。両親は韓国系アメリカ人で、ニューヨーク生まれ。
3年前から生野に住んでおられ、家では英語、韓国語、日本語が飛び交っているそう。
「生野のまちは、人がフレンドリー。知らない人でも気さくに声をかけてくれる。外国から来た僕としては、それがうれしかったり。ニューヨークもたくさんの国の人がいたけど、このまちもほんとにたくさんの国の人がいますよね。そこもおもしろい」と、生野区に2年のつもりがすでに住んで3年になる。これからも家族と住みつづけたいまちです。」とうれしい言葉をいただけました。
 
以上3つの連載の内容について、詳しくは広報紙↓をご覧ください。
 
また、広報紙に載せきれなかった内容は、ブログの別記事で詳しく発信していますので、見てくださいね♪



****************************************
◆お知らせ
 
“来たい、住みたい、住み続けたいまち”にするために、考えよう!
「生野区リノベーションまちづくりフォーラム ~学校跡地を核としたまちづくり構想~」
 
生野区では学校再編に伴い生まれる「学校跡地」を、地域活性化の拠点となるよう、周りの空き家・空き地問題の解決も含めた「リノベーションまちづくり(地域資源に新たな価値を見出すまちづくり)」に取り組んでいく未来図を描いています。生野区の現状を踏まえ、これからのまちづくりをどうすればいいか、パネルディスカッションや区民の方と意見交換をする機会としてフォーラムを開催します。ぜひ、幅広い世代の方にご参加をお待ちしています!

と き 22日(土)13:0016:30

定 員 300名(申込順)

申込み 「氏名、フリガナ、連絡先」を電子メール又はお電話で問合せまで。

※詳しくは、ホームページをご覧ください。

問合せ 地域まちづくり課 6715-9059 FAX6717-1163
メール: ikunoevent@city.osaka.lg.jp

内 容 基調講演:清水義次氏/大島芳彦氏(株式会社セミコロン)
パネルディスカッション(区内企業、地域、子育て世代代表など)

ところ 区役所 6階大会議室(勝山南3-1-19

 
 
 
****************************************
 
「広報いくの」には他にも行政からのお知らせや子育て情報、がん検診など健康情報などがたくさん載っています。
ぜひ一度読んでみてくださいね!
 
===========================
「広報いくの」の発行日は毎月1日(4月号だけ331日)。
朝日・産経・日経・毎日・読売の各新聞朝刊に折り込みでお届けしています。
 
新聞を定期購読されていない区民の方には、おうちまで無料でお届けしますので、申し込んでくださいね↓
電話でお申込みもできますよ♪ 生野区役所企画総務課(電話06-6715-9683)まで!
点字版もありますので、身近に点字を読む方がいらっしゃれば、ぜひご紹介をお願いします!
===========================
〔発信:チームいくみん〕































人気の投稿